フォルクスワーゲンThe Beetleザ・ビートル新型新発売情報まとめ!

フォルクスワーゲンビートル 新型ラインナップ

時代を超えてなおも愛されつづけるフォルクスワーゲンビートルThe Beetle新型が、2016年9月に発売となりました。

 

第二次世界大戦前に販売され累計1,500万台生産された初代モデル、その後に1998年に発売されたニュー・ビートルへと生まれ変わり、そして2012年ビートルから生まれ変わったのが今回の新型The Beetle ザ・ビートル!

 

初代から数えて4代目のモデルとなるザ・ビートル、今回はラインナップが3つプラス台数限定仕様が2つです。

 

今回はそんなフォルクスワーゲンビートルThe Beetle新型を安く買う裏ワザについてです。

 

フォルクスワーゲンビートル新型 カラーとスペックまとめ

The Beetle Base ビートル ベース

フォルクスワーゲンビートル Base

今回の新型ビートルのベースモデル。JC08モード燃費17.6Lで、ビートルらしいデザインを踏襲しつつ、よりスポーティとなり力強さを感じさせる新デザインになっています。
Baseのボディカラーは4色(トルネードレッド (G2)、ピュアホワイト (0Q)、ブルーシルクメタリック (2B)、ディープブラックパールエフェクト (2T))です。

The Beetle Design ザ・ビートル デザイン

フォルクスワーゲンビートル Design

フォルクスワーゲンビートル Design ダッシュパッド

ボディカラーとコックピットダッシュパッドカラーが同じというデザインとカラーを重視したモデルでJC08モード燃費17.6L。
スポーティなクロームストリップ付きフロントバンパーはフォグランプを内蔵し印象的なマスクに変身。
サイドモールディングにクロームストリップを施した同色ペイントを使用し、リアバンパーも新デザインになりリアスタイルを引き締めるクローム付きリアディフューザーがアクセントになっています。
Designのボディカラーは8色(トルネードレッド (G2)、ピュアホワイト (0Q)、ブルーシルクメタリック (2B)、ディープブラックパールエフェクト (2T)、ストーンウォッシュドブルーメタリック (5Y)、ボトルグリーンメタリック (8V)、サンドストームイエローメタリック (9U)、ハバネロオレンジメタリック(V9※有償OP))です。

フォルクスワーゲンビートル新型カラー

The Beetle 2.0 R-Line ザ・ビートル2.0 R-Line

フォルクスワーゲンビートル 2.0R-Line

ビートルでも走りを存分に楽しめる2.0 R-Lineはパワフルな2.0LTSIエンジンを搭載でJC08モード燃費13.4L。
6速DSGトランスミッションとのマッチングもバッチリでマニュアル車のダイレクトなシフト感覚とオートマチック車の快適性が楽しめます。
大型リアスポイラーとクロームツインエキゾーストパイプ、18インチアルミホイールと大径アルミホイールが足元を固めています。
2.0 R-Lineのボディカラーは8色(トルネードレッド (G2)、ピュアホワイト (0Q)、ブルーシルクメタリック (2B)、ディープブラックパールエフェクト (2T)、ストーンウォッシュドブルーメタリック (5Y)、ボトルグリーンメタリック (8V)、サンドストームイエローメタリック (9U)、ハバネロオレンジメタリック(V9※有償OP))です。

 

そして2つの台数限定車のカラーとスペックは次のとおりです。

 

The Beetle ALLSTAR ザ・ビートル オールスター

フォルクスワーゲンビートルALLSTER

【全国限定280台】 カラー:ダークブロンズメタリック2J
ヨーロッパ限定車が日本上陸、ダークブロンズメタリックの専用ボディカラーとバイキセノンヘッドライト、17インチアルミホイール。ドアシルプレートの『ALLSTAR』エンブレムが特徴です。

The Beetle Dune ザ・ビートル デューン

フォルクスワーゲンビートルDune

【全国限定500台】 カラー:サンドストームイエローメタリック9U
Dune専用カラーのサンドストームイエローメタリック、ビッグなリヤスポイラー、アンダーガード、18インチアルミホイール、そして車高15mmアップの専用サスペンションなどの選び抜かれた装備と低燃費と低エミッションを高次元に融合しつつ、卓越した走りのパフォーマンスを体感できるBlueMotion Technology採用1.4LTSIエンジン搭載

 

いずれもザ・ビートルらしいラインナップで、特に2.0 R-lineはパワフルな走りを望むユーザーにとってはデザインとスピードの2面性を追求できるので、プレミア価値も高まりそうです。

 

 

新型フォルクスワーゲンThe Beetleザ・ビートル価格まとめ

新型ビートルの価格は次のとおりです。

 

The Beetle Base

2,349,000円

The Beetle Design

2,699,000円

The Beetle 2.0 R-Line

3,459,000円

The Beetle Dune

3,219,000円

The Beetle ALLSTAR

2,999,000円

 

こんな新型フォルクスワーゲンThe Beetleザ・ビートルの新車に乗ってドライブしたら...

 

絶対に気持ちいいですよね!

 

フォルクスワーゲンビートルDuneでドライブ

 

ですが、フォルクスワーゲンのザ・ビートルは世界中にマニアがいるほどの輸入車ですから、値引き販売自体がほぼありません。

 

日本では前モデルが2012.6月にモデルチェンジ発売されていますが、コアなファンが多い車種でもあるためとても高値です。

 

そんなときだからこそ、

 

フォルクスワーゲンビートル新型をおトクに購入する方法

 

を知っておけば、ディーラー営業マンとの交渉をアナタのペースで有利に進められますよ。

 

フォルクスワーゲン・ビートルデューン新型ショールーム正面からの写真

 

フォルクスワーゲンビートル新型をおトクに購入する方法

それでは新型フォルクスワーゲンThe Beetleザ・ビートルをおトクに購入する3つの方法をお伝えします。

まずはディーラーショールームに行こう!

名刺交換

輸入車ディーラー店は経営がそれぞれ別になっていて、その店独自の値引きというのが必ずあります。

 

その「店値引き」を最大限に獲得しよう!という方法です。

 

まずはアナタがフォルクスワーゲンディーラー店に通って、ザ・ビートルのイロイロな説明を受けましょう。

 

こんなイメージです。

「初めてのお客」
   ↓
「よく来るお客」
   ↓
「熱心な新型フォルクスワーゲンThe Beetleザ・ビートルファンの将来有望顧客」

へと、ディーラー店の印象を植え付けましょう。だいたい週1ペースで4・5回ほど通えば、営業マンとは顔見知りになります。

 

もちろんそのときは、家族も連れていくことも立派な戦略です。

 

家族づれはディーラー店が独自の接客方針でおもてなしをすることになっていますし、営業マンが接客している姿も自社内で評価されています。

 

ですから営業マンも他の人よりも良い待遇をしてくれます。

過剰な装備は外してもらえるか聞いてみる

新型フォルクスワーゲンThe Beetleザ・ビートルの場合は、とにかくビートルが好きな人しか購入を検討しないので、他車競合などを持ちかけてもディーラーにはあまり効果がありません。

 

VW車の場合はメーカー標準装備がかなりのレベルでセッティングされているので、その部分は外すことができません。ですが、あえて

 

「コレとコノ装備は要らないんだけど...」


という会話をしてみましょう!

 

そうすると営業マンも「あっ、この人イロイロ勉強しているな...」という感じで、説明が丁寧になってきます。

 

標準装備という言葉は「メーカー」分だけです。

 

ディーラー店で展示車用につけたオプションがたくさんあるはずなので、その部分をしっかり確認しましょう。

【コラム】フォルクスワーゲンメンテナンスプログラムは必要???

VW車ディーラーは3年間の1年点検とオイルやオイルエレメント等の交換を含んだメンテナンスプログラム(39000円)を新車購入時に勧められますし、保証期間を2年間延長するサポート延長プログラム(78000円)も同じように勧められます。

VW

さて、これに加入するかどうかですが、私はプログラム加入をオススメします
フルモデルチェンジ車でもありますし、高級輸入車ですからね。
オーナーになると感じるのですが、VW車オーナーの優越感というのはなんとも言えない満足感なんです。
一方で、一般のカー用品店でメンテナンスや修理などをするのに抵抗を感じるようになってきます。
ですから、フォルクスワーゲン車のメンテナンスコストは必要経費と考えて最初からプログラム加入しておくのがいいと思います。
VWザ・ビートルは必ずアナタの大切な資産になりますから

愛車を高く売って値引きと同じ価値を得る


一番安く新車を購入する方法、それは今持っている車を最高値で買取りしてもらい、買い換え購入することです。

 

ディーラー店というのは、新車販売だけで売上を稼いでいるわけではなく、中古車の下取りや再販というのも売上の中で大きな比率を占めています。

 

ですがディーラー店は新車購入をしてもらいたいんです。

 

ですからアナタのお手持ちの車を積極的に下取りして、新車購入をすすめます。

 

ところがディーラー店の真の目的は、利益の追求です。

 

『新車販売で獲得する利益』

『下取り車を再販して得る利益』

ということは、

 

  1. 新車はできるだけ値引きをしない
  2.  

  3. 下取り車はできるだけ安く仕入れる

というのが基本にあるんですね。

 

この2つを攻略することが、ザ・ビートルをおトクに購入する方法です。

 

これは自動車業界の当たり前なのですが...

 

ディーラー店の下取り価格は、中古車専門査定会社の査定と比較にならないほど安く設定されています。

 

そして

 

「このお車だと下取り価格はこのくらいで限度ですね〜」


と言ってくるので、多くの方はここで

 

「そうなのか〜...まあ他に持っていっても同じなんだろうな〜」

 

と思ってそのまま下取りしてしまいますが、そうではなくて、

 

下取りの価格話になったときにアナタから

 

○◯社の下取り査定額は▲▲万円だったけど、こちらではいくらで査定してくれますか?


と切り出しましょう。

このようにアナタから下取りの高値を言っておけば、ディーラー営業マンは軽はずみな金額を回答することができなくなります。

フォルクスワーゲン・ビートルデューン新型ショールームで見積もり中のサラリーマンイラスト

アナタが今お持ちの車の下取り価格最高値を知っておけば...

 

ディーラー営業マンに丸め込まれることなく、下取り価格を高値で交渉することができます。

 

+10万円、+20万円と愛車の下取り価格がUPすれば、それだけVWザ・ビートルを安く買えたことと同じですから。

 

愛車を一番高く査定してもらう方法

ディーラー営業マンとの交渉前にアナタの愛車の査定額を調べておくのなら、無料中古車査定サイトを利用すると一番早く調べることができます。

 

そうすると必ず1社〜2社は飛び抜けて高い査定をしてくれるところがありますので

 

あとは最終的にディーラーを含め、一番高くアナタの愛車を査定してくれたところに売るのが一番オトク!

 

ディーラー営業マンは、

 

  1. 最初に車両価格を見積し、

  2. 次にオプション類の見積をし、

  3. そして車両本体価格値引き対応額を提示してきます。

ここまでで、まずは最大限の値引きを獲得できるよう、イロイロ交渉をします。

 

そして「もう下がらない」というところで、アナタの愛車の下取り価格の話になるはずです

 

その時がチャンス!

 

アナタから下取り最高値の話をして、最大限の下取り価格を獲得できるよう交渉するのです

 

無料の中古車査定サイトは使わないと損する理由

中古車の買取り専門店1社1社に、休日に自分で車を運転して持ち込んで、説明して、査定して...

 

って、これだけで1社2時間くらいづつかかっちゃいますし、それだけ頑張っても査定額が期待したとおりじゃなかったら凹みます。

 

まあ自分で回ったら、2軒くらいでもうイヤになりますよね?

 

それが一括査定サイトだと、買取専門店さんがお互いに競合してくれるので愛車の高値がスグにわかりますし、だいたいの値付け相場もわかりますから勉強になります。

 

実際に中古車の買取り一括査定をしてみると、こんなに買取り価格が違います。

 

ユーカーパック公式サイト

 

なお無料査定サイトにデータを入力するときは、事前に

 

車検証と現在の走行距離をスマホに写メしておくと便利です!

 

よく利用されている中古車の無料査定サイトご紹介

ユーカーパック

ユーカーパック

  • 30秒で査定依頼ができる
  • 査定の連絡が来るのはユーカーパックからのみで、複数業者からの一斉電話がない
  • 全国最大2000社の最高値業者のみが1発でわかる

 

ユーカーパック 詳細はこちら

カービュー

カービュー

  • 45秒で愛車の買取査定依頼ができる入力が簡単なサイト
  • ガリバー、カーセブン、ビッグモーターなど一流の車買取り専門業者が全国から200社以上参加
  • おおよその年式、走行距離でも査定依頼ができる

 

カービュー 詳細はこちら

【楽天】中古車無料一括査定

楽天中古車無料一括査定

  • 楽天が運営する愛車の買取査定ができるサイト
  • 楽天市場と連動しているので、安心して利用できます
  • 愛車の無料査定を依頼するだけで楽天市場で使える楽天ポイントがもらえるのでおトク

 

【楽天】中古車無料一括査定はこちら

 

あなたがいま車の下取り方法に迷っているのなら、私のようにディーラーの見積り交渉時の参考材料にしてみてください。

 

中に必ず一社くらい飛び抜けて高い査定をしてくれるところが必ずありますから、それがあなたの交渉ネタになります。

 

これがディーラー営業マンと交渉するときに、強力な武器になります。

 

 

 

フォルクスワーゲン・ビートルデューン新型ショールーム内装写真

 

フォルクスワーゲン・ビートルデューン新型ショールーム右45度写真